鹿児島市・霧島市・姶良市の高性能な注文住宅ならクオリティホームへ
資料請求

資料請求

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

お問い合わせ

お問い合わせ

資料請求

資料請求

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

お問い合わせ

お問い合わせ

鹿児島で高気密高断熱住宅で住む上で気を付けるべきポイント!

家づくりノウハウ
公開日:2024.06.17
最終更新日:2024.07.09
家づくりノウハウ
公開日:2024.06.17
最終更新日:2024.07.09

鹿児島で高気密高断熱住宅で住む上で気を付けるべきポイント!

鹿児島の高気密高断熱住宅
九州の最南端に位置している鹿児島県は、年中を通して高めの気候で有名で、真夏は熱帯夜で寝苦しい日が多いです。そんな気候の鹿児島で新築住宅を建てるのなら、夏でも涼しく快適な家で過ごしたいですよね。
そこで本記事では、優れた熱遮断性を持つ工法である高気密・高断熱について詳しく解説していきます。さらに鹿児島で高気密・高断熱住宅を建てる際の注意点についても解説をしていきましょう。

目 次

高気密高断熱とは?

気密性や断熱性を高めるために、防湿シートや気密テープ、断熱材などを使用した住宅を高気密・高断熱住宅といいます。

高気密・高断熱工法は優れた気密性を持つ建築工法で、高気密・高断熱工法を活用して新築住宅を建築すれば、年中を通して快適な環境で過ごすことも可能です。

では実際に高気密・高断熱を活用した際の暮らしの状況や、特徴などについて解説していきましょう。

高気密・高断熱ではどんな暮らしができるのか

高気密・高断熱住宅では外気温の影響を受けにくく、室内の温度を一定に保持できます。
また、効率的に最小限のエネルギーを使用して、部屋の快適な温度調整を行いますので、光熱費を最小限まで抑えることが可能です。住宅全体の間取りや広さを工夫すれば、夏の高温多湿な気候にも十分対応できます。

高気密高断熱住宅でできる暮らし
・外の気温を受けず、室温を一定に保つことができる
・光熱費を最小限までに抑えることができる

高気密・高断熱の特徴

気密性や断熱性が低い住まいでは熱気が隙間から入り込んでしまうので、夏季などはエアコンでリビングを冷やしてもトイレや廊下などは暑いままです。一方の高気密・高断熱住宅は気密性や断熱性に優れているので、少ない冷暖房器具でも家全体の温度を一定に保つことができるのが特徴といえます。

鹿児島県で高気密高断熱を建てる時の注意点

年間を通して鹿児島県は平均温度が高い地域ですが、高気密・高断熱住宅を建てれば夏場でも快適に過ごすことができます。

しかし鹿児島県で高気密・高断熱住宅を建てる時には、いくつかの注意しなければならないポイントがあります。ここからは、実際に鹿児島県で高気密・高断熱住宅を建てる際の注意点について詳しく解説をしていきましょう。

鹿児島県の気候とは

鹿児島県の年間を通しての平均気温は18.6度で年間の降水量は2266㎜にも及び、全国でも6位の降水量を記録しています。また鹿児島県の奄美諸島では年間の平均温度が19~22℃とかなり高めです。また奄美諸島では月平均気温が20℃を超える月が、4~10月の間で7ヶ月も続きます。

年間平均降水量も2,300㎜以上を記録して、亜熱帯気候に属する地域として有名です。したがって、厳しい暑さを凌ぐためにも、年間を通して快適な温度を保てる高気密・高断熱住宅がおすすめの気候といえます。

鹿児島県の気候の特徴
・年間の降水量が2266mmと、全国6位の降水量
・平均気温が18.8度と、全国的に見ても高い

鹿児島県の気候に合った高気密高断熱住宅を建てるポイント

高気密・高断熱住宅を活用すれば、年中を通して建物内の温度が一定に保たれて快適にすごすことができます。では鹿児島県のような年中を通して高温な地域に高気密・高断熱住宅を建てるには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

ここからは鹿児島県の気候に合った高気密・高断熱住宅を建てるポイントについて詳しく解説していきます。

日射遮へいを活用する

鹿児島県は日本列島の中でも最南端に位置し、平均気温も他の都道府県よりも高めに推移しています。そして鹿児島県は日差しも強く、その強さによって住宅内の温度も高めになってしまうのです。また、日差しの強さに伴い、家の中が熱くなってしまう原因の75%は窓からの熱といわれています。

したがって、庇(ひさし)やすだれ・シェード・カーテンを設置すれば窓からの熱を減らすことができます。そして高気密・高断熱住宅で前述の手段を活用すれば、窓からの放射熱を防ぎながら快適な温度を保つことも可能です。

自然の風を活用する

鹿児島県は他の都道府県と比較して暑い地域なので、高気密・高断熱住宅を活用すれば、快適な住宅環境で暮らすことができます。
特に真夏の暑い時期は、窓を開けて風通りをよくして少しでも涼しい風を取り込みましょう。高気密・高断熱住宅内に涼しい風を取り込めば、家全体に涼しい空気が密閉され、熱帯夜でも快適に過ごすこともできます。

また、熱い空気は上にこもりやすい性質があるので、家のできるだけ高い場所に窓を設置・開放して熱を逃がすことで部屋全体の気温を下げることも可能です。
さらに部屋の天井部などにファンを設置して全体の空気を循環させれば、部屋全体を涼しく保つことができます。

自然の風を効果的に取り込み快適に過ごすポイント
・風通りがよくなる間取りにする
・部屋の上部に窓を設置する
・天井部にファンを設置する

まとめ

高気密・高断熱住宅はその名の通り優れた気密性と断熱性を誇る住宅で、この住宅に住めば年中を通して快適な生活環境が維持できます。そして高気密・高断熱住宅を建てれば、鹿児島県のような年中を通して熱い県でも快適な住宅環境過ごすことも可能です。

今後鹿児島県をはじめとした、気温が高い地域で新築住宅の購入を検討しているのなら、高気密・高断熱住宅の購入をおすすめします。
#注文住宅 #新築 #高気密 #高断熱 #家づくりの基礎知識 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

家づくりノウハウ
2024.07.09

これからの「住まい」の建て方!?パッシブデザインとは何なのか?

家づくりノウハウ
2024.07.09

高気密・高断熱の住宅はカビが発生しない?住宅の専門家が解説!

家づくりノウハウ
2024.07.09

高気密高断熱のメリット・デメリット!後悔しないポイントまで解説!

家づくりノウハウ
2024.07.09

高気密高断熱の基準とは?C値やUa値を使って解説!

前へ
高気密高断熱とは?住むときの注意点などを解説!
家づくりの参考になる!?鹿児島の住宅展示場を徹底分析!住宅展示場の特徴なども紹介
次へ
高気密高断熱とは?住むときの注意点などを解説!
家づくりの参考になる!?鹿児島の住宅展示場を徹底分析!住宅展示場の特徴なども紹介

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのモデルハウス
私たちのモデルハウスをご紹介します。

クオリティホーム モデルハウス
R+house鹿児島南・霧島姶良 モデルハウス
鹿児島県姶良市加治木町木田2511-1
099-297-6155

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。

お問い合わせ
個別で家づくりのご相談を承ります。

本店
住所
鹿児島県霧島市隼人町真孝25番地
営業時間
09:30~18:00
休業日
水曜日、第2・4木曜日
鹿児島支店
住所
鹿児島県鹿児島市薬師2丁目17番25号
営業時間
09:30~18:00
休業日
水曜日・木曜日(第2.第4)
モデルハウス
住所
鹿児島県姶良市加治木町木田2511-1
営業時間
10:00~18:00
休業日
水曜日