COLUMN
コラム

高気密住宅を見極めるためのC値とは?低いC値を実現するときの注意点3選

「暑い夏でも快適に過ごしたい」
「光熱費を抑えるために必要な住まいの性能は?」

近年、環境問題や省エネ対策として高断熱・高気密住宅を求める方が増えてきました。

そこで今回は、住宅の「気密性」を数値化した「C値」について解説するとともに、C値の違いによる住宅への影響のほか、高気密住宅のメリットや高気密住宅を建てる方法を紹介します。

高性能住宅を建てたい方は、快適な居住環境の指標としてぜひC値に注目してみてください。

高気密高断熱住宅の内観

C値とは

C値とは、家の延床面積に対する「隙間面積」の割合を示す数値のことです。このC値は住宅の気密性能を示す指標です。

その計算方法は【住宅全体に存在する隙間の合計面積÷延べ床面積】で求められ、C値が小さいほど、つまり「0」に近いほど隙間が少なく、気密性が高いことを示します。
気密性は、住宅の熱効率・省エネルギー効率に影響します。

また、C値は実際の建物の中で「気密測定試験機」を用いて測定することができます。

完成直後の住宅では高いC値ですが、時間経過により低下してしまいます。

時間経過によりC値が減少してしまう原因

・玄関ドアや窓サッシなどの建材の劣化
・木造住宅に使われている木材の収縮

C値が低下してしまえば、高気密高断熱の機能は損なわれてしまいます。
高気密高断熱の性能を長持ちさせるためにも、木材の収縮が起きにくい木材を活用したり、建材の劣化が起きにくいような施工をしている工務店に依頼をすることが必要となります。

優れたC値の住まい(高気密住宅)のメリットとは?

C値が高い住まい(高気密住宅)は、高い断熱性能との相乗効果で四季を通じて快適に暮らせるだけでなく、健康や省エネといった観点からもさまざまなメリットがあります。

冷暖房効率が上がり、省エネ対策

C値が高い住まいは、空調機器で温めたり冷やした空気が外へ流出しにくいため、建物内のどこも一定の室温に保つことができるほど空調効率の良いことが特長です。

つまり、冷暖房にかかるエネルギー消費や光熱費も抑えることができるため、環境にも経済的にもエコです。

内部結露の防止

C値が高い住まいは、構造体に隙間を作らないよう施工するため、壁の内部に結露が発生しにくくなります。

内部結露は壁内部の断熱素材の劣化や住まいを支える木材が腐食する原因となります。
C値が高いほど内部結露の発生を抑えられるので、住まいが長持ちします。

ヒートショックのリスク低減

C値が高い住まいは、建物内のどの場所も一定の温度(温度差が少ない状態)に保つことができます。

そのため、暖かい部屋から寒い部屋に移動したときに起こりやすい「ヒートショック現象」のリスクを低減します。

花粉や汚染物質の流入を防ぐ

C値の高い住まいは、その気密性の高い施工により屋外の空気の浸入を防ぐことができます。
そのため、大気アレルギーの原因となる花粉や汚染物質などが部屋に入り込むことも抑えられます。

特に高断熱・高気密住宅には2003年から設置が義務化されている「24時間換気システム」を適切に使用することで、屋内は常にクリーンな空気が循環し、健康面で安心できる室内環境を維持できます。

防音効果が高まる

C値の高い住まいは、構造体や窓ガラスやサッシなど高い性能を持つ建材を用いつつ隙間のないように精度の高い施工を行います。そのため、気密性とともに遮音性も高くなるという効果も期待できます。

たとえば通りを走る自動車の騒音や近隣の生活音などをできるだけ遮断して、静かに過ごしたいという方には高気密住宅がおすすめです。

C値の違いでこれだけ変わる住宅の気密性

気密性の指標となるC値。気密性を数値化したものですが、その数値の違いが住まいの気密性にどの程度の差を生じさせるのかを解説していきましょう。

高気密高断熱住宅の内観

C値=5.0未満

1999年の「次世代省エネルギー基準」では、北海道と東北の一部地域以外では「5.0」がC値の基準値として定められていました。

5.0という数値は高気密と言いにくい数値ですが、それでも昔の日本家屋と比べると隙間風などの影響はあまり問題にならないレベルの気密性です。

C値=2.0未満

1999年当時の次世代省エネルギー基準ならば、厳しい基準はクリアしている数値です。
しかし、諸外国の基準と比べまだまだ十分な気密性を確保しているとは言えません。

C値=1.0未満

冷暖房効率がアップするため、エネルギー消費や光熱費を抑えることができる高い気密性です。
屋外の騒音もシャットできる遮音効果も期待できる数値です。

C値=0.5未満

C値が0.5未満という数値は、諸外国の基準(カナダ0.9、スウェーデン0.6~0.7以下)と比べても大変優れた気密性です。

住まいには隙間がほとんどないので、省エネはもちろんのこと、花粉や汚染物質のほか、害虫などの侵入もほぼありません。

なお、私たちクオリティホームで建てている住宅のC値平均は「0.1~0.5」となっています。また、C値の平均は0.3です。

C値の高い住宅(高気密住宅)を建てる方法

C値の高い住まいを建てたいと検討中の方へ向けて、施工会社選びのヒントを紹介します。

気密測定を行っている施工会社へ依頼する

C値は気密を測定できる専用の機器を用いて測定することができます。
クオリティホームでは気密測定を施工中に1回しています。

 

測定は施工会社、測定業者へ依頼する方法があります。
測定業者へ依頼する場合には、1回の測定で5~10万円と費用に幅があります。
また、業者の所在地によっては測定費用に加えて出張費用がかかる場合があります。

自社が手掛けた住宅のC値を公表している施工会社へ依頼する

気になっている施工会社があれば、そこが手掛けている高気密住宅の施工実績について情報をできるだけ集めましょう。

気密性は施工する大工などの職人の知識や技術に左右されます。
つまりC値を公表している施工会社はその“腕”に自信がある証拠といえるでしょう。

また、高気密住宅建築の経験が豊富な施工会社であれば、さまざまなデータを積み重ねているはずです。
メリットもデメリットも包み隠さず教えてくれる施工会社は信頼度が高い会社と言えるでしょう。

気密性を確保しやすいツーバイフォーやパネル工法を採用している施工会社へ依頼する

ツーバイフォー(2×4)工法やパネル工法は、パネルを組み合わせて床・壁・天井などの構造体を作り上げていくため、隙間ができにくく高い気密性を確保しやすいといわれています。

クオリティホームではパネル工法の一つの「R+パネル」を採用しています。高気密・高断熱・高耐震を実現しています。

まとめ

高気密高断熱住宅の内観

ここまで、住宅の気密性能を示す指標であるC値について説明してきました。

C値の数値は「0(ゼロ)」に近いほど気密性が高いことを表しています。

高い気密性は住宅の省エネ効率を上げるほか、内部結露やヒートショックのリスクを低減するなど、さまざまなメリットがあります。

C値の高い住宅(高気密住宅)を建設したい場合の依頼先選びへのヒントも紹介しました。

健康にも環境にも優しく、快適な住まいづくりの指標として「C値」にぜひ注目してみてください。


R+house
R+house
R+house
R+house R+house