COLUMN
コラム

高気密高断熱の住宅で後悔しないためのチェック項目3選!

・冬になると足元が寒い

・冬や夏になると、エアコンの効いた部屋から出たくない

といった悩みは誰でも感じたことがありますよね?

 

そんな方に知ってほしいのが、高気密高断熱のお家です。

高気密高断熱の特徴として冬は暖かく、夏は涼しく部屋の温度を保ってくれるので1年中快適に過ごすことができます。

 

今回は高気密高断熱のお家についてメリットやデメリットを説明していきます。

高気密高断熱とは

 

高気密とは

高気密なお家は、家の隙間少なくするように作られたお家のことです。

 

高気密なお家は精度の高い建築部材や、断熱材、気密テープなどで壁や天井、床などに空気が出入りすることを防いで作られています。

 

そして、冬の寒い空気が入り込むことを防ぎ、室内のあたたかい空気を逃しません。

逆に夏は熱い空気が室内に入りこむことを防ぎ、エアコンで冷やした温度を保ってくれます。

高断熱とは

高断熱のお家とは、外壁と内壁の間に断熱材を入れて断熱性を高めています。

 

高断熱な家は、このようにエアコン等で調整した室内の空気が外に漏れないような構造になっています。

室内の空気が外に漏れないような構造のため、外の寒さや暑さに強い家と言えます。

高気密高断熱のメリット

光熱費を削減することができる

高気密高断熱のメリットとして第一にあげられるのは光熱費が削減できる、ということです。

 

光熱費を節約できる理由としては、室内の空気を外へ逃さず、冬の寒さや夏の暑さを軽減してくれるからです。

 

エアコンや暖房機の使用を最低限に抑えて健康的な生活をおくることができます。

ヒートショックの防止

冬に生じる「ヒートショック」。

急激な温度変化に体がさらされた時に、血圧が急上昇・急降下することで、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす恐ろしい現象がこのヒートショックです。

 

実はこのヒートショック、日常生活で起こるタイミングは多くなっています。

 

皆さんの生活の中でヒートショックが起きてしまう例は

・暖かいリビングから外気の入りやすい玄関へ行ったとき

・寒い洗面所から高温のお風呂に入った瞬間

といった時です。

 

気を付けていなければ、ヒートショックが起きてしまいそうですよね。

 

しかし、高気密高断熱の家は部屋ごとの温度差が少ないため、ヒートショックを防止してくれます。

 

急激な温度変化を感じにくくなるので、ヒートショックの危険性は低くなるでしょう。

熱中症予防

熱中症が起こるのは、日差しの厳しい屋外かと思いますが、実は室内で起こることが多いのです。

高気密高断熱のお家であれば、室内で生じてしまう熱中症を防ぐことができます。

 

空調機器のない室内で過ごし、急激な気温の上昇に身体がついていけなくなるケースや、気づかないうちに脱水症状になっていることが多いようです。

 

特にお年寄りの方、小さいお子といった、体力の少ない人は要注意です。

 

高気密高断熱の家は空気が家中を循環しています。

 

 

これによって

・部屋ごとの温度差が少ない

・エアコンを消しても適温が保たれる

といった快適な生活をおくることができます。

 

 

さらに断熱性の高い窓を付けていると日光を反射させることができます。

 

夏の暑さが激しい地域に住んでいる方が、断熱性の高い窓を取り入れることによってより快適に過ごすことができます。

防音性が高い

高気密高断熱の家では防音性が高いというメリットがあります。

 

飛行機の音や、自動車の音なども窓を閉めてしまえば、ほとんど気にならないレベルになります。

 

また、防音性が高いメリットはお子様やペットがいるご家庭には比較的オススメです。

 

 

例えば

・お子様に楽器を習わせている

・家の中でもお子様が元気に遊んでいる

・犬や猫などのペットが吠えてしまう

といったご家庭でも近所の方に迷惑をかけることなく、楽しい生活をおくることができます。

 

 

高気密高断熱の家のデメリット

 

では次に高気密高断熱の家のデメリットについて説明していきます。

 

高気密高断熱のメリットだけでなく、デメリットも知っておくことによって、後悔のない住宅を購入することができます。

コストがかかる

高気密高断熱の家は建築時に断熱材や気密テープなど、一般の住宅より資材費がかかってしまいます。

依頼する建築メーカーによってコストは様々です。

 

高気密高断熱のお家を建てる場合の費用は大体、一坪あたり3~5万円プラスでかかることを知っておいた方が良いと思います。

 

高気密高断熱のお家はコストが高くなってしまうと思われがちです。

 

しかし、最初に費用を払ってしまえば、光熱費削減することができますので、充分に回収できる金額と言っても良いでしょう。

乾燥が生じる

高気密高断熱のお家は室温を高く保っているため、乾燥しやすいというデメリットがあります。

 

冬の乾燥した空気などは水分量が低いです。

その空気を快適な温度にすると湿度が下がってしまい、乾燥するという仕組みになります。

 

室内が暖かいと空気が乾燥してしまうということです。

 

ただ、高気密高断熱のお家が乾燥しやすいというデメリットに関しても対策をすれば防げます。

 

 

乾燥しやすいことへの主な対策として、

・加湿器をつけ、部屋の湿度を上げる

・洗濯物を室内に干す

・暖房の設定温度を下げる

というようなことがあげられます。

 

 

一般の住宅でもできる対策なので乾燥に充分に対処可能です。

 

また、乾燥対策をしていくことによって、

・インフルエンザからお子様を守る

・お肌のハリが良くなる

といったいいこともたくさん増えてきます。

 

結露が生じやすい

高気密高断熱の家では結露が生じやすいと言われています。

 

気密性が高いので室内の湿気がこもり、それが原因で結露が生じると言われています。

 

さらに冷たい空気が石油ストーブ、エアコンなどの暖かい空気に触れて冷やされることでも結露は発生します。

 

結露で生じた水滴がカーテンについてしまって、カーテンの下側に黒いカビが生えてしまった経験はないですか?

 

実はこの結露によって生じたカビが、お子様のアレルギーや喘息を引き起こしてしまいます。

お子様には元気にすくすく育ってほしいと考えている両親の皆さんであれば絶対に避けたいですよね。

 

では、お子様の喘息やアレルギーを引き起こさずに快適に暮らすための対策は何か対策はあるのでしょうか。

 

 

結露を防ぐ対策には下のような二つの対策があります。

・お家の断熱性を高める

・換気システムを取りつける

上記の対策をしていくことによって、生活をより快適にすることができます。

 

施工店の技術力に差が出やすい

高気密高断熱の家は施工店の技術力に差が出やすいとも言われています。

 

ほぼ全ての工務店が「高気密高断熱」の家の施工可能を掲げていますが、その技術力は様々です。

 

さらに工務店が高い技術力を持っていたとしても、実際に工事にあたる施工業者の腕前によって大きくでき上がり住宅が左右されることも事実です。

 

高気密高断熱のお家を建てるうえで気を付けるべきポイント

施工を頼む際にどういう点に気を付けて、進めれば良いのでしょうか。

まずは、情報収集

人生で一番高いお買い物だからこそ、家族全員が楽しく快適に住むことができるお家に住みたいですよね。

 

より快適に、お気に入りのお家に住むためにもできる限りの情報収集はするべきです。

 

工務店やハウスメーカーの営業は非常に上手です。

その営業マンに騙されないためにも自分で正確な情報を仕入れていく必要があります。

 

色んな施工業者の情報を見て、あくまで自分の基準、判断で役立つ知識を得ることに取り組まれることをオススメします。

工務店を選ぶ

いざ、施工しようと決まったら、工務店に連絡する前に実際に開催しているモデルハウス見学に行ってみてはいかがでしょうか?

 

工務店やハウスメーカーでは定期的に内覧会などをしています。

その内覧会で開放されている新築物件を皆さんの目で見ることによって、写真だけでは分からない細かい部分を確認することができます。

 

後悔のない住宅を購入するためにも、工務店さんやハウスメーカーの見学会に行って確認してみてください。

 

 

まとめ

 

ここまで、高気密高断熱のお家について説明をしました。

 

高気密高断熱のメリット及びデメリットをしっかりと知っておくことによって、失敗しない住宅を購入することができます。

 

こちらにブログの内容をまとめたので忙しい方は確認をして、気になったところだけみてください。

 

メリット

・光熱費を削減することができる

・ヒートショックの防止

・熱中症を予防することができる

・防音性が高い

 

デメリット

・初期費用がかさんでしまう

・乾燥が生じてしまう

・結露が生じやすい

・施工店の技術力に差が出やすい

 

失敗しない高気密高断熱のお家を建てる方法

・情報収集を綿密に行う

・内覧会へ実際にいき、自分の目で見て確認する

 

 

今回まとめたポイントをしっかりと意識して住宅を選んでいくことによって、後悔しない住宅を購入することができますので、ぜひ取り入れてみてください。


R+house
R+house
R+house
R+house R+house