ZEH基準を超える高性能

住宅性能にとことんこだわったR+houseの家

デザイン性や価格だけがクオリティホーム(R+house鹿児島南R+house霧島姶良)の魅力ではありません。国が定める「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準よりも更に厳しい基準。断熱化技術開発委員会が打ち出したHEAT20がクオリティホームの基準。「住む人が本当に健康で快適な生活が送れるか」を考えた、高気密・高断熱性能、さらにRパネルの工法による耐震性・耐久性の高さもクオリティホーム(R+house鹿児島南R+house霧島姶良)の魅力です。

R+houseが考える快適な家とは

「夏は涼しく、冬は暖かい家」を可能にする高気密・高断熱性能

快適な住まいの考え方は人それぞれ。ただ、基本的に季節の気候や温度差を問わず「部屋の中が常に適温に保たれている家」がクオリティホーム(R+hous鹿児島R+house霧島姶良)の家。言い換えれば“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”こういった環境を実現するのが、高気密・高断熱の住宅性能です。
住宅の気密性や断熱性、パッシブを考えた住まいであれば、外気温の変化に室温が影響されにくく、快適なだけでなくエアコンの稼働も抑えられ省エネ住宅ととなります。また、クオリティホームが提供する(R+house鹿児島南R+house霧島姶良)はすべて改正次世代創エネ基準や2030年に住宅の標準的な基準とされるZEH基準を大幅に超えています。

HEAT20(HEAT20)高い断熱性能を誇る住まい

HEAT20は、UA値(外皮平均熱貫流率)を基準としています。
分かりやすく説明すると、住宅の内部から床、外壁、屋根(天井)や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値であり、値が少ないほど熱量が逃げにくい家であり断熱性能の高い家づくりとなります。

高気密・高断熱・計画換気にとことんこだわった家

高気密性:すき間の少ない家

目には見えませんが、家にすき間があった場合
室内と屋外で空気と熱がつねに行き来しています。
これでは、エアコンの稼働率が上がり快適な住まいにはなりません。

高気密の指標となる「C値」

すき間性能は「C値」という指標で表されます。これは床面積1㎡当たりにどれだけのすき間があるかを示すものです。日本の目標は5.0(cm2/m2)であり、クオリティホーム(R+house鹿児島R+house霧島姶良)の標準は1.0(cm2/m2)以下。
現在では0.3(cm2/m2)を維持しております。

高断熱の指標となる「Q値」と「UA」値

気密性同様、断熱性を表す指標も存在します。それが「Q値」「UA値」と呼ばれるものです。どちらも熱の逃げにくさを示すもの、「Q 値」は熱損失係数、「UA値」は外皮平均熱貫流率を表します。どちらも、数字が小さいほど優秀と言えるでしょう。

ちなみに、断熱性能については国が定める「長期優良住宅の数値」が一つの目安となりますが、クオリティホーム(R+house鹿児島R+house霧島姶良)の家はそれを大幅に上回る性能となっています。また、UA値についても一般のZEH住宅と比べて、それ以上上回るせ値を示しているのが特徴です。

Q値(熱損失係数) UA値(外皮平均熱貫流率)
長期優良住宅 2.7 0.87
一般のZEH住宅 0.6
R+houseの家 1.9 0.56

高断熱性

たとえすき間風の少ない家=気密性の高い家でも、熱自体は壁面や開口部(窓)を通じて室内と屋外を行き来してしまいます。これを回避する策が、建物の高断熱化です。R+houseでは、R+パネル断熱材を採用し、壁面構造などを見直すことで、室内・屋外間の熱交換を最小限に抑えています。

室内の水蒸気や空気を循環させ、快適な環境をつくる計画換気システム

単純に高気密・高断熱性能を追求しただけでは、必ずしも快適な家にはなりません。大事なのは、建物内の空気や水蒸気を循環させ、つねに新鮮な空気を内部に取り入れながら、カビやダニ発生の原因となる湿気を屋外に排出することです。その両方を同時に実現するのが、「計画換気システム」となります。R+houseの家づくりでは、住まいの快適性を追求するため、高気密・高断熱性能の向上だけでなく、計画換気システムの導入を取り入れています。

構造専門の建築士が耐震性をチェック

理論値では十分な耐震性が確保できていても、完成した建物が実際にその数値通りの性能を示すかどうかは、検査しなければ判明しません。そこで、R+houseの家づくりでは、構造専門の設計士が強度の検査を実施。耐震性がR+house基準達成を満たしているかどうか、厳密にチェックします。

面全体で力を支えるパネル工法で「地震に強い家」

R+houseの家は、一般の木造住宅で用いられる在来軸組工法ではなく、独自の木質パネルを使った「R+パネル」で建物を面で支える、「パネル工法」を採用しています。壁と床が一体となった「面」で全体を支える構造となるため、家の荷重はもちろん地震や風などによる外力をスムーズに分散できます。耐震性だけでなく、耐風性にも対応できる工法です

家を守る計画換気(第1種換気システム)

気密・高断熱住宅は、それだけで完ぺきとは言えません。密閉性を高まることで室内の湿度も高まれば、結露が生じやすくなり、壁や柱などを構成する木材を腐らせるリスクもあります。また、鉄部にサビが生じると建物の強度が落ち、耐震性や耐久性の低下を招いてしまうでしょう。そうなると、災害時には倒壊のリスクが高まります。

こうしたデメリットを解消するのが、計画換気システム(24時間換気)です。外気の出入り口を確保して、新鮮な空気だけを建物内に取り入れ、汚れた空気を屋外に排出します。これにより、居住空間の温度・湿度が安定するだけでなく、結露による構造軀体や鉄部の腐食も防いでくれるでしょう。

ZEH(ゼッチ)の取組について

住宅性能を追求するR+houseでは、2021年のZEH普及率00%以上を目標に掲げています。なお、実績としては2018年度20%、2019年度20%、2020年度00%を達成。また、2019年度普及率実績は、ZEH0%、Nearly ZEH0%、合計0%、BELS普及率実績は0%となっています。

R+house
R+house
R+house
R+house R+house