こだわりの家が手に届く価格で

住宅性能にとこどんこだわったR+houseの家

アトリエ建築家の設計によるデザイン住宅として、性能・品質ともに高いクオリティホーム(R+house鹿児島南R+house霧島姶良)の家は、なぜ“手の届く価格”でご提供できるのか。こちらでは、R+houseが採用しているセミオーダー方式や独自の仕入れ方式を紹介しながら、価格設定の理由について説明します。

R+houseはなぜ手が届く価格で提供できるのか

設計・プランニングをアトリエ建築家が手がける家でありながら、R+houseが通常の注文住宅と同程度の“手の届く価格”を実現できた理由──それが「セミオーダー住宅」です。注文住宅は自由設計が魅力ですが、建材の種類や色、寸法などを一つひとつ吟味していくと、膨大な労力と時間がかかってしまう傾向にあります。R+houseでは、この選択肢にあえて一定の制約を設けることで、工程のムダを排しコストの大幅抑制に成功しました。

アトリエ建築家とつくるセミオーダーという考え方

アトリエ建築家が厳選

R+houseは、セミオーダーの家づくりを基本としています。すべてを自由に選べる注文住宅は魅力ですが、選択肢が多ければ多いほど迷いが生じ、物事の決定ができなくなることは、海外の心理学者からも指摘されています。選択肢が多すぎて悩む労力や時間は、ムダと言っても差し支えないでしょう。R+houseはそこにメスを入れ、あえて選択肢を狭めたセミオーダーを導入しました。

これにより、部材調達がシンプルになるだけでなく、大量発注が可能になったため、仕入れコストの削減が実現。もちろん、R+houseが用意する建材や部材、設備はすべて、住まいのプロであるアトリエ建築家が厳選したなものばかりのため、品質は折り紙付きです。

コスト削減でもデザイン性や品質はハイレベルを維持

セミオーダー住宅は、規格住宅ではありません。注文住宅と同様の設計自由度は確保しながら、部材や工程のムダを徹底排除することで価格抑制に成功した画期的なシステムです。具体的なコストカットの対象として、住宅外観やインテリアに使用する部材は該当せず、あくまでも目につかない部分に用いる建材や部材の標準化によってコスト削減を図っています。したがって、アトリエ建築家の手によるデザインやテイストが損なわれる心配はありません。

部材仕入れ価格の大幅な削減

コスト抑制への取組は、仕入れの工夫にも及んでいます。具体的には、「先払い」「直接仕入れ」という二つの手法によるものです。

先払いによるコスト圧縮

一般的な仕入れの場合、「代金後払い」が基本です。ただ、この手法だと売り手は万が一にも売掛が回収できなくなった場合に備えて、商品価格にそのリスク分を上乗せするという問題があります。このコストが積み重なれば、住宅価格にも反映されてしまうでしょう。そこで、R+houseは逆転の発想により、「代金先払い方式」を採用。より低い価格で、資材の調達ができるようになりました。さらに、発注もウェブ上で行うようにしたことで、交通費や人件費を削減し、コストカットをさらに前進させています。

直接知れによるコスト圧縮

仕入れコストを引き上げている主な原因は、流通経路で発生する中間マージンです。そこでR+houseは、メーカーと直接取引を行うことで、建設資材の仕入れ値を効果的に抑えています。

こだわりのオプションでカスタマイズ

クオリティホーム(R+house鹿児島南R+house霧島姶良)の家には、「標準仕様」があります。この標準仕様を設定することで、部材や工程がシンプルになり、大胆なコスト抑制が可能になりました。一方、バルコニーやウッドデッキ、ビルトインガレージなど、標準仕様に含まれないものもオプションとして設定できます。お客様の好みに応じて、自由に住まいをカスタマイズすることができるでしょう。

R+house
R+house
R+house
R+house R+house