大切なお金の話

後悔しないマイホーム購入のために

マイホーム購入では「どんな家を建てるか」が主要なテーマですが、「いくらで建てるか」と言うお金の問題も決して軽視できません。とくに住宅ローンの借り方・返し方次第では、その後の人生設計に大きな狂いが生じかねないため、注意が必要です。
そこでここでは、家づくりにおける資金計画の大切さについてお話しします。(R+house鹿児島R+house霧島姶良)なら、資金計画についてのアドバイスも行っております。

家づくりと大切なお金の考え方

現在の収入や家計状況からかけ離れたお金の使い方はNG

マイホームは一度に何千万円という金額が動く大きな買い物です。どれだけの予算を充てるか、自己資金をどれだけ用意し、足りない分はいくら住宅ローンで借り入れするかといったところまで、事前にしっかり考えなければなりません。
いずれにしても、ムリは禁物です。現在の収入や家計状況からかけ離れたお金の使い方は、金額が大きいだけにリスクが伴います。とくに結婚しお子様がいるような方なら、今後10~20年でかかる教育費についても、念頭に置かなければなりません。住宅購入で背伸びをし過ぎると、お子さんの将来に大きな影を落とすことになってしまうでしょう。
また、現在得ている収入の一部は、自分たちの老後資金として蓄財していかなければなりません。世間では異論もあるようですが、定年退職後は少なくとも2,000万円程度の蓄えがどうしても必要です。ご家族にとって、住まいはかけがえのないものかもしれません。ただ、バランスを欠いた出費は、生活や将来設計に大きく影響することも忘れないようにしておきましょう。
資金計画は家族の将来まで見据え、ご自身にあった計画をたてなければなりません。

人生の三大支出を念頭に置き住宅購入予算を考える

家づくりにおける資金計画は、上述したようにバランスのよい支出を考えるところからスタートします。たとえば、「人生の三大支出」と呼ばれるものをご存じでしょうか。これは、「住居費」「教育費」「老後費」を指しています。一見すると、マイホーム購入費用にあたる住居費がもっともボリュームが大きいように思えますが、教育費にしても老後費にしても、数千万円単位の支出となる可能性が高く、決して軽視できるものではありません。
三大支出と呼ばれている理由は、まさにそこにあります。それぞれが三つどもえの状態となり、家計のなかでせめぎ合っていると言えるでしょう。実際、どれか一つでも突出すれば、残る2つに大きなしわ寄せが行きかねません。大事なのは、やはりバランスなのです。

自分に合った住宅ローンを選ぶ

自己資金を多めに用意して借り入れを少なくすれば、返済は楽になります。しかし、それでは使える現金が少なくなり、いざというときの出費で困ることになりかねません。ここでもやはり、バランスが求められます。どこまでを自己資金でまかなうか、融資を利用するかは、その人の収入や家計状況、余裕資金の額などで異なるでしょう。
そういった人それぞれに見合った住宅ローンを「R+house鹿児島南 R+house霧島姶良」がサポートしていきます。

「R+house鹿児島南 R+house霧島姶良」が資金計画をサポート

お客様の将来も見据えて計画します

マイホーム購入に伴う資金計画は、収入や家計、将来設計を考慮したムリのないものでなければなりません。「R+house鹿児島北」なら、そうしたお客様の諸事情をすべて勘案したうえで、住宅ローンの借り方・返し方まで総合的なアドバイスが可能です。何年計画で完済すべきか、月々どの程度の額であればムリがないかなど、しっかりとした検討を行ったうえで妥当な返済シミュレーションを構築し、ご提案いたしますのでご安心ください。
もちろん、自力で資金計画を練り上げることも可能でしょう。ただし、当店のような工務店は多くのお客様とお付き合いさせていただくなかで、個人では持ちえない量の情報を蓄積しています。シミュレーションの精度は、こうした情報量に左右されるケースもあるのです。「R+house鹿児島北」なら、お客様の状況に似た別のケースも参考にしつつ、より適切なアドバイスを実現できるでしょう。

住宅ローン選びのムダを省きます

一口に「住宅ローン」と言っても、その種類はさまざまです。その商品バリエーションは、なんと約5,000種類。住宅金融支援機構の「フラット35」や「フラット20」は、そのなかの一部にすぎません。あまりにも選択肢が膨大なため、何を選べばよいか迷ってしまいそうですが、「R+house鹿児島北」にお任せいただければ、お客様の収入や家計状況、将来設計にマッチしたものを選択可能です。
さらに、「R+house鹿児島北」なら、住宅ローン金利ができるだけ低いタイミングで融資を受けられるようなアドバイスも実施しています。このほか、住宅ローンについてご不明な点や疑問に思われる点も、当店担当者までお気軽におたずねください。

個別の資金相談を行います

マイホーム購入のための資金計画については、当店主催の「賢い家づくり勉強会」や「個別無料相談会」で、おおよそのアドバイスが可能です。また、「個別資金相談」にお越しいただければ、「住宅建築にかかる費用」や「その他の諸費用を含めた総予算の洗い出し」から、「住宅ローン商品の選び方」「借入金額や借入期間」「月々の返済計画」など、具体的なポイントを専門家によるシミュレーションで明らかにできます。収入や家計状況にムリのない住宅ローンの借り方・返し方を知りたいという方は、ぜひこの機会をご活用ください。
なお、こちらは「勉強会」と違い、お客様と当社担当との1対1の面談形式です。したがって、他の方の視線を気にせず、どんなことでもご相談いただけるのでご安心ください。もちろん、お客様の秘密は厳守いたします。

R+house
R+house
R+house
R+house R+house