COLUMN
コラム

建てる前に確認!壁体内結露の危険性

最近では「高気密高断熱住宅」が増えてきました。

しかし、これにより壁内に結露が生まれ、家が腐食してしまう可能性があります。
ここでは、現代の住宅における「結露」の問題について解説していきます。

また、住宅購入を検討している方にとって参考になる「結露に強い家」についてもご紹介いたします。

高気密高断熱住宅の外観

なぜ、結露が起こるのか?

まず、結露の仕組みについてです。
結露は家の中と外の温度差によって引き起こされます。

空気中に含むことのできる水分量は温度によって変わります。
温度が高ければ空気中に含まれる水分量は多くなり、逆に温度が低くなれば空気中に含まれる水分量は少なくなります。

例えば、冬は部屋の中の暖かい湿気を含む空気が壁の中を通ります。しかし外壁は冷えて温度差があるため、水となり壁体内結露が生じます。

さらに結露には「外部結露」と「壁体内結露」の2種類があります。

「外部結露」と「壁体内結露」の違い

「外部結露」は目に見える場所にあることが多い結露のことです。例えば、窓ガラスの表面に発生する結露などです。

対して,「壁体内結露」は壁内や床下、天井などで発生する、目に見えない結露のことを指します。今回は結露の中でも、「壁体内結露」についてご説明をさせていただきます。

 

壁体内結露と外部結露の違い

・ 壁体内結露 : 目に見えない部分に発生する結露
例) 天井、床下、天井裏など

・ 外部結露 : 目に見える部分に発生する結露
例) 窓ガラスなど

 

住宅をおびやかす!「壁体内結露」がなぜ起きるのか?

「壁体内結露」が発生する原因は「外部結露」と同じで、暖かい空気と冷たい空気が衝突することによって生じます。

しかし、「壁体内結露」は見えない場所で発生し、対策することが難しくなっています。
そのため、「外部結露」よりも「壁体内結露」の方が住宅に悪影響を与えてしまいます。

現在では、壁体内結露が起きやすい住宅が増えています。
昔の日本家屋では通気性が良く、「壁体内結露」は起こりにくい構造になっていました。

現在の住宅では、気密性や断熱性の高い建築資材を使っています。
そのため、通気性が弱くなり「外部結露」は起きにくいが「壁体内結露」が起きやすくなっている住宅が増えているのです。

「壁体内結露」が及ぼす被害

「壁体内結露」は、皆さんの住宅に様々な悪影響を与えています。

「壁体内結露」が住宅に与える悪影響

・ 家屋に使われている断熱材の劣化
・ 外壁の老朽化
・ 柱の腐食など

を引き起こします。

これにより、家の耐久性が落ちるだけでなく、カビも発生しやすくなります。

カビは喘息やアレルギーを引き起こします。
カビが繁殖することによって、それをエサとするダニも発生します。
「壁体内結露」によって家は腐り、住む人の健康を害してしまうのです。

高気密高断熱住宅の寝室

壁内結露を防ぐ方法

では、壁内結露を防ぐ方法はあるのでしょうか?
現代の住宅の建築法で出来る壁内結露対策や、「壁体内結露」に強い家は何かをご紹介していきます。

常に湿気を排出できる構造にする

「壁体内結露」に最も効果的な方法が湿気を排出するような換気システムを使うことです。

2003年7月より「24時間換気システム」が義務付けられました。
これ以降に建てられた住宅には換気するシステムが必ずついています。

しかし、夏の暑さ・冬の寒さなどで換気口を閉じたり、24時間換気システムをオフにしたりしてしまう住宅も多いです。
さらに昨今、話題の高気密高断熱住宅ですが、こちらは結露対策に際し、一定の基準を設けている施工会社も多いです。そちらの点を解説いたします。

結露に強い高気密高断熱住宅にする

高気密高断熱住宅とは、隙間を減らすことによって断熱性能を高め、外気温から住宅の温度を守ります。
それにより、夏は涼しく・冬は暖かくを保つ住宅を意味します。

高気密高断熱住宅の条件ってあるの?

では、高気密高断熱の住宅には、条件が発生するのでしょうか?

高気密高断熱住宅には明確な基準がありません。
しかし、高気密高断熱の性能がどの程度なのかを示す「C値」や「UA値」といった数値があります

高気密高断熱の性能を示す数値について

C値 : 気密性を示す数値。C値が小さくなれば小さくなるほど隙間が少ない。
UA値 : 断熱性能を示す数値。UA値が低ければ低いほど断熱性能は高い。

ハウスメーカーや工務店で住宅購入を検討している方は、この「C値」と「UA値」をしっかりと確認してください。

ハウスメーカーのC値・UA値は比較的小さい!?

小さいほど高性能な「C値」「UA値」ですが、全てのハウスメーカーが記載しているわけではありません。
しかし、公表しているところもありますので、ぜひ、調べてみてください。

過去に建てた住宅の平均C値、UA値を正確に伝えてくれるハウスメーカーや工務店は安心が出来ます。
実績があり、数値を公表しているということは自信があるハウスメーカーであり、小さい数値であることがほとんどです。

結露しない条件や結露をさせないようにする方法

結露が起こりやすい日本の住宅ですが、結露させないようにする方法があります。

主に結露を防ぐためには3つの方法があります。

結露を防ぐ3つの方法

・ 部屋の湿度を下げる
・ 室温を下げる
・ 窓の断熱性能を上げる

しかし、これは「外部結露」の対策であって、住宅の耐久性・断熱性の問題としては「壁内と部屋内の室温を近くする」ということが肝心ではないでしょうか。

「壁内結露」を防ぐためには、「C値」と「UA値」が低い住宅つまり、気密性と断熱性が高い住宅を検討する必要があります。

「壁体内結露」を防ぐためにも、「C値」や「UA値」の数値や「24時間換気」を効果的に活用していく必要があります。

他の施工会社は本当に高気密高断熱ですか?

「壁体内結露」の一番の対策については、やはり本物の「高気密高断熱住宅」を建てることです。
それには気密測定を行っているハウスメーカー・施工会社を探すことが大事です。

「高気密高断熱住宅」と銘打っているだけで家を建てる前に「C値」「UA値」の値を確認してください。

本物の「高気密高断熱住宅」には目標基準が設けられています。

クオリティーホームにおけるC値の約束事は1以下であり、この値を上回ることはほとんどありません。

クオリティーホームにおけるC値とUA値

・ C値の平均値 : 0.3
・ UA値の目標値 : 0.46(窓等の数等により変化)

「高気密高断熱の住宅」を建てたいと考えている方は気密性を表す「C値」、断熱性を表す「UA値」を公開して工務店、ハウスメーカーを選ぶようにした方が失敗しない住宅購入が出来るでしょう。

 

高気密高断熱住宅の外観

まとめ

 

住宅の結露には「壁体内結露」と「外部結露」の2種類があり、建築住宅における結露は特に「壁体内結露」が耐久性に関わってくることをご説明しました。

結露に強い住宅では、24時間換気が機能しやすいこと、それには正確な数値が出ている「高気密高断熱」の住宅を建てることが大事です。

家を建てることは一生モノですので、ぜひ、このことを念頭において住宅購入をしてください。


R+house
R+house
R+house
R+house R+house