COLUMN
コラム

高気密高断熱の家でカビが発生する原因とは?健康のために必要なこと

高気密高断熱のお家は

・カビが発生しやすい

・カビが発生しない

どちらもよく言われています。

 

今回は人気のある「高気密高断熱のお家はカビに強い」のかどうかを徹底的に解説していきます。

 

カビがもたらす健康被害

お家にカビが発生している……そんな経験はありませんでしょうか?

有害なカビは人の身体に被害をもたらします。

 

カビが人体に及ぼす悪影響の例

・鼻の粘膜にはりついて引き起こされるアレルギー性鼻炎

・お家の建材に発生したカビによるシックハウス症候群

 

 

小さなお子様はカビの影響を受けやすくなっています。そのため、お子様がいる家庭は特にお家を清潔に保っていきたいですね。

 

そもそもカビが発生するのか、原因と対策について解説していきます。

なぜ、カビは発生するのか?

「高温」「多湿」の環境だとカビは発生しやすくなります。

 

 

カビが最も発生しやすい環境の特徴

・温度が20 – 30度

・湿度が75%以上

 

 

このように高温多湿であればあるほど、カビは発生しやすくなります。

 

高気密高断熱のお家が特にカビが発生しやすいと言われてしまうのも、「高温・多湿」になりカビが増殖しやすいと思われがちだからです。

なぜカビが発生しやすいと思われるのか

高気密高断熱のお家において、カビが発生しやすいと思われている原因をご紹介します。

グラスウールがカビ発生の原因になってしまう?

グラスウールとは、リサイクルガラスを原料とした断熱材です。

複雑に絡み合ったガラス繊維によって空気を密閉しているため、優れた断熱性能を持っています。

また、断熱以外にもグラスウールは「吸音性」や「耐久性」、「安全性」に優れています。

 

デメリットとしてグラスウールは水分を含むと重さからズレ落ちる危険があります。

ズレ落ちたグラスウールは水分を含んでおり、木材や壁などを腐らせ、カビの発生源になります。

そのため、グラスウールは適切な方法でしっかりと施工をする必要があります

 

他の断熱材にも言えますが施工時に断熱材との間に隙間がないこと、吸湿シートで断熱材が覆われていることがカビ発生の防止に必要です。これが出来ていない施工会社は見分けることが住宅購入では必須になります。

 

結露対策

一年間の中で、カビが最も発生しやすい時期は湿度が高くなってしまう「梅雨」の時期です。

ムシムシとする部屋で過ごすのも、そして知らないうちにカビが発生するのもイヤですよね。

 

また、身体の弱いお年寄りの方などが室内で寝て過ごしているだけで熱中症になってしまうケースもあります。

これは、湿度上昇による湿気で汗をかき、脱水症状になるなる可能性があるからです。

「梅雨」の時期の湿気によって深刻なケースが生まれる場合があるのです。

 

そして、一般的に冬場の時期によく起こる「結露」は、外の空気が部屋で冷やされる梅雨の時期でも起こりやすいのです。

 

結露はカビの原因になります。

 

 

高気密高断熱のお家のメリットは、1年を通して室温と湿度を快適に保ってくれるところです。

そのため梅雨・冬場であっても結露問題を解決し、快適な暮らしが高気密高断熱のお家で可能となります。

 

高気密高断熱のお家の湿度問題

調べてみると「高気密高断熱のお家はカビが生じやすい」という記事や情報をよく耳にします。しかし、それは誤解です。

高気密高断熱のお家に「エアコン」があれば、充分に除湿が出来ます。

さらに、正しく建てられた高気密高断熱のお家ならエアコンの効果を最大限に発揮できるため、光熱費の削減につながります。

 

「高気密高断熱のお家は初期費用が高い」と言われています。しかし、長く住めば住むほど光熱費を削減できるため、長期的な目線で見ると費用は安くなります。

 

お風呂・水回りにはカビが発生しやすい

お家のカビ問題でお悩みの方は特に水場のカビが気になるのではないでしょうか。

高気密高断熱のお家であっても、一般的なお家とカビ対策は変わりません。

 

もし、対策を行ってもカビが発生するならば、それは高気密高断熱のお家ではありません。そこで、さらに注意するのは水回りだけではありません。寝室なども意外と湿度が高くなります。

 

本来、高気密高断熱の家はどの部屋も快適に過ごせるという特徴があります。

質の高い業者さんに依頼をすれば、部屋ごとに湿度や温度が違うといった問題はそもそも起こりません。

 

そういった意味でも信頼のおける施工業者に建築やリフォームを依頼しましょう。

欠陥のある高気密高断熱

それでは、欠陥のある高気密高断熱のお家とはどういった住宅なのでしょうか?

 

 

高気密高断熱のお家を建てて後悔した人の感想

・結露が酷すぎて、窓の下がビショビショ。カーテンにカビが生えていた。

・「エアコン」で除湿していたものの、電気代があり得ないほど高くかかっていた。

・なぜか一部屋だけビショビショになっていた。

 

 

このような高気密高断熱のお家を建てて後悔した人は「高気密高断熱に関する知識」がない施工会社と契約してしまっています。

 

「大手だから…」や「HPに書いてあるから…」、「打合せで高気密高断熱のことを反していたから…」という理由だけで契約してしまうと必ず後悔します。

 

高気密高断熱のお家に住みたいと考えている方は。欠陥住宅を購入するリスクを減らすためにもしっかりと情報収集を行ってください。

カビを元から防ぐ方法について

高気密高断熱のお家で結露からカビが発生するという流れを断つために、お家を建てる前から知っておくべきことをご紹介します。

本当の高気密高断熱のお家を建てる方法

高気密高断熱のお家はカビが発生しにくい構造です。

欠陥住宅でない限り、カビも生えず、快適に過ごせる住まいです。

 

高気密高断熱のお家かどうかを確認する方法として「気密測定」があります。気密測定とは機械によって気密をはかる検査のことを指します。

 

気密性能の値が小さければ小さいほど、隙間のない高性能な住宅と言えます。

気密性能の低く、隙間の大きいお家は断熱性能が高いとは言えずカビが発生しやすくなってしまいます。

 

気密性能の低いお家は壁の結露や室内にカビが出来やすい欠陥を抱えています。

逆に隙間が小さいと断熱性の効果があり、換気もよく出来るお家と言えます。

 

気密性能は、実際にお家が完成してからしか測定出来ません。

なので、気密性能を上げるためには現場の職人さんとの細かな打ち合わせが大事です。

 

気密測定に関しては、ほとんどの工務店やハウスメーカーさんはしていません。

そのため、気密測定の相談をして「できる」「している」と回答をしてくれる工務店やハウスメーカーさんであれば本当の高気密高断熱のお家を建てることが出来るのです。

換気の重要性

高気密高断熱のお家に住むときには換気の重要性を知っておく必要があります。

 

一般的な住宅に置いても必要なのが「換気」です。

しかし、高気密高断熱のお家ではカビによる子供のシックハウス症候群を防ぐため「24時間換気システム」を導入することを義務付けています。

 

カビによる子供のシックハウス症候群を防ぐため、現在の日本では高気密高断熱のお家には「24時間換気システム」を導入、換気扇の設置が義務付けられています。

 

高気密高断熱のお家はほとんど隙間がないため、効率・効果的な「24時間換気システム」の導入が必須です。

本当の高気密高断熱のお家を建てたいと考えているのであれば、「24時間換気システム」が導入されているかということを打合せの際に確認しましょう。

 

まとめ

今回は高気密高断熱のお家にカビが発生しやすいとお言われている理由について解説しました。

 

皆さんに覚えておいてもらいたいことは「高気密高断熱のお家」はカビの発生しにくい構造になっています。

このように「高気密高断熱のお家はカビが発生しやすい」といわれているのも、高気密高断熱のお家を建てていない業者が間違った情報を発信しているからです。

 

このような工務店に依頼をしないためにも

・打合せの段階で気密測定をしているかを確認する

・24時間換気システムを導入しているかを確認する

が必要になります。

 

 

これからの工務店やハウスメーカー選びに活用をしてみてください。


R+house
R+house
R+house
R+house R+house